心に残る結婚式を挙げる方法|感動嵐が巻き起こる、生い立ちムービー

ウェディング

感動的なムービーを

ビデオカメラ

最近ではこの生い立ちムービーを面倒だからいらないというカップルも多いようですが、経験者としては自作するにしろ、業者に委託するにしろ、是非制作して披露してほしいと思います。笑いあり、涙あり、そんな素敵な披露宴をさらに魅力的にしてくれる、生い立ちムービーはそんな効果がありますよ。

もっと詳しく

計画を入念に

結婚式場

最近の宇都宮の結婚式場では式のスタイルや料理について細かく指定出来ることから、将来における利用率も上昇すると考えられています。また申し込みの際にはコース料理などのうち合わせが行われ、結婚式開催にかかる費用などについて入念に調整しながら行っていきます。

もっと詳しく

少人数結婚式のメリット

ウェディング

少人数結婚式は本当に親しい人だけを呼ぶことができるので気が楽だが、呼ばれる方は余興などの準備に忙しくなることが多い。だから祝儀は軽めで良いと声をかけておくと参加もしやすくなる。少人数結婚式は普通の結婚式と較べて値段も安い。

もっと詳しく

結婚式で必要とする物

結婚式の招待状とは

招待状

結婚式の招待状とは、結婚式を開催するにあたりゲストを招く際に準備するものです。招待状によってこの度結婚式を執り行うことが決まった旨や日程・場所などをゲストに伝えます。 招待状の他に式場への案内地図を入れたり、出欠確認の返信用ハガキを同封したりします。当日受付や祝辞などお願いするゲストには、お願いする旨を書いた付箋を入れることもあります。 招待状は結婚式場で購入し、プランナーと相談しつつ内容を決定していくのが一般的ですが、近年では手作りする新郎新婦も増えています。式場で発注するよりも安価な上、新郎新婦の個性を発揮できますし、いい思い出作りにもなります。 しかし、招待状には結婚式ならではのルールや取り決めがあるため、作成後にはプランナーに確認してもらうのが無難です。

作成、発送時の注意点

結婚式の招待状にはとくに決まった文面はありませんが、「縁起の悪い言葉を用いない」「句読点を使わない」など細かなルールが設けられています。 差出人を新郎新婦とする場合、両家の父親とする場合、連名とする場合があります。両家の両親と確認して決めるのが無難です。 ゲストへは直接手渡しても構いませんし、郵送することも可能です。ただ招待状を発送する前に結婚式へ招待する旨を直接伝えておくのが一般的なマナーです。 発送の場合切手は慶次用のものを用意します。内容物の重量によっては追加料金が発生するため、郵便局へ持ち込むほうがよいでしょう。消印は大安吉日となるようにするのが一般的です。 結婚式でのルールやマナーをきちんと守り、心をこめて作成せねばなりません。